新宿グルメ情報

飲食店、飲食フェス・イベント情報を紹介します!

ハノイ〜異国料理で舌鼓〜

このブログは「新宿」の飲食店、飲食フェス・イベントをただただ紹介していくグルメ情報ブログです!



新宿区民や、新宿で飲食店お探しの際のご参考までに是非!

 

 

今回は新宿歌舞伎町ビルの地下1階にあるハノイさんに伺いました

 

東口から歌舞伎町方面へ坂を下り、ドンキを右手に見ながらTOHOシネマズまで真っ直ぐ行き、右に曲がるとカラオケ館があるのでそこを左折、右手にローソンがあり、そこを越えるとその並びに歌舞伎町ビルがあり、階段を降りてすぐ右にこちらはあります

 

 

まずは乾杯、ということでベトナムではメジャー(らしい)という「バーバーバー」というビールを頂きました

 

バーとはベトナム語で数字の3なのだそう

f:id:kyabakulife:20180418200342j:image

 

「333」ビールということで「バーバーバー」ビール

f:id:kyabakulife:20180418200400j:image

味の方は日本のラガービールと変わらない気もしますが(飲んでいて違和感はない)、これが日本のビールとベトナムのビールを飲み比べとなったらまた味の違いがあるのでしょうね

 

注ぎ方が下手なのかもしれませんが、日本のラガービールよりこちらのビールの方が泡立ちが少なくすぐ泡が消えてしまいました

f:id:kyabakulife:20180418200425j:image

それでも味の方は飲みやすいです

 

 

さて前菜、と言えば生春巻きですよね!

ベトナムではゴイクンというそう

f:id:kyabakulife:20180418200459j:image

お洒落な籠に入れられた生春巻きがきました

中はレタスやエビが巻かれています

綺麗に巻かれた春巻きはさすがプロ技です

 

f:id:kyabakulife:20180418200517j:image

 

一緒に添えられたスイートチリソースで頂きます

f:id:kyabakulife:20180418200603j:image

f:id:kyabakulife:20180418200624j:image

結構春巻きはボリューミー

一口かぶりつくと口目一杯になります

レタスのシャキシャキが新鮮な感じでいいですね!春巻きとこのソースが異国情緒溢れる味です

 

次にホタテとネギの油焼き

f:id:kyabakulife:20180418200641j:image

大きなホタテ貝にぷりぷりの身が焼かれています

ホタテ自体もかなり肉厚でボリューミー

たっぷりのったネギと一緒に食べると、ホタテの旨味が凝縮された汁が口いっぱいに溢れて、噛み締める度に海鮮の風味とネギの風味がしてきます

 

f:id:kyabakulife:20180418200658j:image

一緒に乗っているピーナッツのアクセントや味もいいですね

 

f:id:kyabakulife:20180418200715j:image

一緒に乗っているピーナッツのアクセントや味もいいですね

 

中々自分で調理する時にホタテにピーナッツという組み合わせはしないので、これも異国情緒溢れる味付けで新鮮でした

f:id:kyabakulife:20180418200731j:image

 

次は鶏肉とレモングラス風味のグリルをたのんだのですが…

f:id:kyabakulife:20180418200747j:image

食べたら何故かカレー風味…

オーダーを言い間違えたか、間違えて作ってしまった模様

しかしせっかく作ってくださったので鶏肉とカレー風味のグリルを頂きます

 

f:id:kyabakulife:20180418200805j:image

カレー風味の味付けに鶏肉が馴染んでしっとりジューシー

しっかりした味付けで、一切れがボリューム感あるので横に添えられているパクチーをたまにつまみながら鶏肉と一緒に食べても、パクチーの独特な風味がパンチとなって食べ飽きずに箸を進める事が出来ます

 

たまには歌舞伎町で異国料理に触れてみるのもいいかも

 

 

ハノイ

https://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13148845/dtlmenu/?menu_type=1

 

 

料金(2人分)

6.7000円程

時間帯
平日:訪問した事がない為差し控えます
週末:訪問時(19時くらい)は空いていて、予約しなくても入れそう

箱が広いので、席も余裕があり、私達が帰る時もお客様は少なくゆっくり食事が楽しめる雰囲気

 

やさいや〜特別な日には鉄板焼きで〜

このブログは「新宿」の飲食店、飲食フェス・イベントをただただ紹介していくグルメ情報ブログです!



新宿区民や、新宿で飲食店お探しの際のご参考までに是非!

 

 

今回は歌舞伎町桜通りにあるやさいやさんに伺いました

 

やさいやさんは鉄板焼き屋さんです

東口を出て、みずほ銀行さんの脇道を通り、左手に沖縄料理屋さん、博多天神ラーメンさんを見ながら靖国通りを歌舞伎町に渡り、桜通りを入って少し歩くと左手に串カツの田中さんが見えるのでその隣にあります

 

 

お店の手前にはメニュー

f:id:kyabakulife:20180516023742j:image

 

地下になっています

f:id:kyabakulife:20180418193843j:image

 

入り口は狭いですが、階段を降っていくと…

f:id:kyabakulife:20180516023705j:image

 

中は広々とした空間が広がっています

左手にカウンターがありました

大きな鉄板が3枚あって、そこでシェフが食材を焼いてくださいます

左端には生簀もあり、エビやロブスターやアワビがもそもそ動いているのを見るのも楽しいですよ

 

今回はそのカウンター席に案内して頂きました

 

席に着くとお通しを貰います

f:id:kyabakulife:20180418194104j:image

名前を失念してしまいましたが…野菜の冷製スープです

 

アルコールも頼んで乾杯!

 

おすすめメニューにあった白菜とパルメザンチーズの鉄板焼きを頼んでみました

目の前で頼んだ食材が焼かれていくのはなんだかワクワクしますね!

 

白菜とパルメザンチーズの鉄板焼き

f:id:kyabakulife:20180418194126j:image

白菜を丸ごと鉄板で焼き、三等分したらパルメザンチーズを振りかけて食べます

 

焼かれた白菜は野菜の旨味がぎゅっと凝縮されて甘みが引き立ちますね!そこにパルメザンチーズの濃厚な風味や塩味が加わって、食べたことありそうでなかった組み合わせですが白菜にチーズって合います!

 

次に長芋の鉄板焼き

f:id:kyabakulife:20180418194232j:image

長芋を鉄板で焼いただけの、至ってシンプルなものですが、焼かれて香ばしい香りのするホクホクになった長芋の、素朴な味が和みます

 

そのままシンプルに食べても美味しい長芋ですが、そこにちょっと、わさびを付けて食べるとこれがまた旨い!

 

シャキシャキとした歯ごたえ、ホクホクの口当たりの長芋と、ぴりっとしたわさびの風味がアクセントになっていいですね!

 

鶏肉の鉄板焼き

f:id:kyabakulife:20180418194256j:image

焼いている最中、鉄板から鶏肉のいい香りがして食欲をそそりました

これもカウンターならでは

 

皮はぱりっと焼けていて、お肉は柔らかくてボリューミー

 

右側にそえてあるわさびと一緒にたべたり、お塩と一緒に食べても、鳥の肉厚な旨味や噛み締める度に口に広がる鶏肉のジューシーな肉汁が薬味のおかげでより引き立ちます

f:id:kyabakulife:20180418194311j:image

 

他にも魅力的なメニューは沢山ありましたが、時間とお腹がいっぱいで頼めませんでした

時間やお腹に余裕があればもう少しゆっくりと堪能したい、そんなお店です

 

是非歌舞伎町に訪れた際は、たまには鉄板焼きなんて素敵かも

 

やさいや

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13051469/top_amp/?usqp=mq331AQGCAEYASgB

 

料金(2人分)
約10000円

時間帯
平日:訪問した事がない為差し控えます
週末:予約の席や数組人がいましたが、19時前だったからか席が空いており、予約しなくても入れました
20時以降混んで来ました

魚心 新宿総本店〜お鮨が食べたい〜

このブログは「新宿」の飲食店、飲食フェス・イベントをただただ紹介していくグルメ情報ブログです!

 

新宿区民や、新宿で飲食店お探しの際のご参考までに是非!

 

 

今回は歌舞伎町にある魚心に伺いました

 

このお鮨屋さんは所謂回らないお鮨屋さんです

歌舞伎町界隈人には名前が知れていて、24時間営業らしく深夜や朝もやっていますので、ホストやキャバ嬢のアフターなんかでよく使われているのを見ます

 

東口を出てドンキを右手にTOHOシネマズまで真っ直ぐ歩き、右折するとカラオケ館が見えるので、その道を左折、右手に信濃屋を見ながら道を挟んで斜め向かいにこちらがあります

f:id:kyabakulife:20180513141236j:image

 

f:id:kyabakulife:20180513141419j:image

 

f:id:kyabakulife:20180513141438j:image

 

f:id:kyabakulife:20180513141456j:image

 

外観や内装は高級感ある作りになっていて

f:id:kyabakulife:20180513141315j:image

左手にはカウンターと奥に生簀、右手はテーブル席になっています

テーブル席はある程度個室風で仕切られているので、落ち着ける雰囲気です

奥にもまだ席があり団体でも入れそうな作りの感じです

 

さて席に着くと、まずはお通しが出てきます

f:id:kyabakulife:20180213102524j:image

お通しは煮物(名前失念)が来ました

綺麗に盛られています

 

 

f:id:kyabakulife:20180213102545j:image

お鮨屋さんという事で、ここは日本酒で乾杯!

黒龍と言う銘柄を頂きました

入れ物(写真左)も風情があります

 

メニュー以外に本日のおすすめが別の紙にありました

f:id:kyabakulife:20180513143059j:image

何にしよう、悩むなあ…

 

なまこを食べた事がないと言う事で

f:id:kyabakulife:20180213102603j:image

おすすめメニューのなまこ酢を初めて食べてみました

添えられた薬味と一緒に頂きます

 

初めて食べた感想としては…コリコリしていて、薬味の風味と一緒にさっぱりと食べれました

 

 

冒頭で言った歌舞伎町界隈人には名前が知れている理由ですが、こちらのお鮨屋さんはいかんせんお鮨のネタがでかいことで有名

 

知らずに頼むとびっくりしてしまう程のボリュームなのです

 

また、こちらでは四代作法なる4種類の特徴ある握り方があり、「垂れ握り」「重ね握り」「溢れ握り」「巴握り」と呼んでいるそう

 

せっかくなのでその四代作法なる握り方で1種類ずつお鮨を頂いてみました

 

4つの握りがきましたよー!

 

どん!

f:id:kyabakulife:20180213102652j:image

 

うわあー!豪勢!一貫一貫がやはりでかい!

f:id:kyabakulife:20180213102715j:image

迫力あるたたずまいですね

ネタはいくら、マグロ(赤身)、エンガワ、ひらめです

 

左から「溢れ握り」「重ね握り」「垂れ握り」

f:id:kyabakulife:20180213102737j:image

 

そしてアナゴも入れて「巴握り」をしてもらい、頂きました

f:id:kyabakulife:20180513145131j:image

 

 

因みにですが、お鮨のより美味しい食べ方として、淡白な味のする切り身(白身の魚)から食べていくのが美味しいお鮨の食べ方だそうですよ

 

写真はわかりやすく左から紹介していきます

 

 

いくら

f:id:kyabakulife:20180213102800j:image

溢れ握りの名の通り、軍艦からいくらがもはや溢れています!

乗り切れないくらいの量!

いくらの、ナイヤガラの滝やあー!

 

なぜスプーンが添えられいるかって、溢れたいくらも美味しく食べる為なんですね

 

味の方も新鮮で、いくらが大きくぷっちぷち!口の中で弾けて濃厚な魚卵の味がたまらないです!

 

マグロの赤身

f:id:kyabakulife:20180213102817j:image

まずシャリが隠れてしまうくらいの切り身の大きさもさる事ながら、重ね握りというマグロの上にマグロのぶつ切りを乗せるという荒業展開!

赤身のピラミッドやあー!

 

味も変な臭みがなく、赤身の旨味がぎゅっと濃縮されていて、肉厚の身がジューシー!かなり食べ応えがあります

もはや刺身を食べている感覚でした

 

エンガワ

f:id:kyabakulife:20180213102834j:image

エンガワって希少部位なんですよね

回るお寿司屋さんで見るのはよく取れるカレイのエンガワ部分なんだそうです、今回はヒラメのエンガワを垂れ握りで頂きました

 

シャリよりネタが大きいので一口じゃ食べ切れません!これが垂れ握りなんですね

 

エンガワのコリコリした食感がくせになります!適度に油も乗っていて肉厚だったのでボリュームも十分!食べ応えもありました

 

ヒラメ

f:id:kyabakulife:20180213102858j:image

ヒラメも実は高級なお魚、白身はエンガワとはまた違い、サッパリして淡白です

日本酒と抜群に合いますね!こちらも垂れ握りで頂きました

 

身はもちろん肉厚、食べ応え満点!白身は臭みもなく日本酒の味をより引き立ててくれる上品な味

 

アナゴ

f:id:kyabakulife:20180213102930j:image

アナゴをシャリで1周巻いてもあまってしまう身の量、大きさ、長さ!それが巴握りだそうです

箸を入れても入れてもアナゴの身で、シャリまで中々到達しません!

無限アナゴやあー!

 

ふかふかした柔らかい身に甘いタレが合いますね!当然一口では食べ切れない迫力のボリューム!

 

 

ここで揚げ物をチョイス

訪れた日は冬の時期、ふぐが旬ということで、ふぐの白子の天ぷらを頂きました

 

ふぐの白子と舞茸の天ぷら

f:id:kyabakulife:20180213103013j:image

f:id:kyabakulife:20180213103040j:image

 

おろしを溶いたつゆにつけて頂きます

f:id:kyabakulife:20180213103102j:image

 

さくっとした天ぷらの衣の食感に、ぷちっと繊維が切れるような歯ざわりの後、あっつあつの濃厚な白子が口の中に溢れてきます

火傷しそう

白子はまったりとクリーミー、ハフハフしながら食べました

 

刺し盛りも頂きます

f:id:kyabakulife:20171020103655j:plain

エビ、鯛、マグロ赤身、サーモン、鰤の5点盛りです

お酒を飲んでいる人には刺し盛りが充分ですね

 

日本酒に、旨いお鮨に、肴に、大満足な夜でした!

 

こちらはランチもやっているそうですよ!

 

ランチメニューは上記の四代作法ネタのボリューム満点メニューがランチセットとしてリーズナブルでお得に食べられるそうですので、是非訪れてみては?

 

魚心 新宿総本店

https://r.gnavi.co.jp/a246706/

 

○料金(2人分)

約10000円

 

○時間帯

平日:深夜帯(終電後)の訪問ですが、空いていました

週末:深夜帯(終電後)に訪問しましたが、空いて居ました

が、1時を過ぎると段々と歌舞伎町の業界の方が増えて結構混んできた印象 

ピッツェリアクラウディア2〜クリスマスディナーを求めて〜

このブログは「新宿」の飲食店、飲食フェス・イベントをただただ紹介していくグルメ情報ブログです!

 

 

 

新宿区民や、新宿で飲食店お探しの際のご参考までに是非!

 

今回は新宿三丁目にあるピッツェリアクラウディア2 に伺いました

 
 
新宿三丁目駅から末広通りに入り、伊勢丹を背にして右にはマルイアネックスやファミマ、左には五丁目交差点が見える通りを五丁目交差点方面に歩いていきます
すると左側にガラス張りのお店が見えてくるのでそこの一階〜二階になります
 
が、ガラス張りのイタリアン風なお店はこの周辺にたくさんあるので(三丁目は飲屋街だから飲食店が密集しています)結構間違えやすいので気を付けてみて下さい
 
席はクリスマス真っ只中なので混んでいましたが、無事に着席する事が出来ました
 
広めのホールにテーブル席が整列しているだけの作りのため、衝立もなく隣との距離も近いのでそういう距離感や雰囲気の中の食事が苦手な人には少しきつい印象でした
 
 
さて、席に着いてメニューを拝見
 

まずはシャンパンで乾杯!

f:id:kyabakulife:20171229171046j:plain

こちらはなみなみシャンパンとメニューに記載されていたもの

見た目は行儀良いものではないですが、1杯1200円で店員さんがジャングラになみなみシャンパンを注いでくれるのはコスパ的にはまあ、いいのかな?

 

f:id:kyabakulife:20171229171016j:plain

それに合わせるつまみと言えばチーズの盛り合わせは外せないですよね!

チーズはブルー、パルミジャーノレッジャーノ、ミモレットの3種盛り

カリッと焼いたバケットも付いてきました

 

ブルーの塩気はシャンパンとの相性が抜群

お酒が進みます

ハードな歯ざわりのパルミジャーノレッジャーノも、噛み締める度にチーズの濃厚な風味が食欲をそそりますね

ソフトなミモレットは飽きの来ない味で添えてあるカリカリのバケットと合わせて食べると美味しい!

 

お次はじゃがいもとアンチョビを炒めた一品料理

f:id:kyabakulife:20171229170949j:plain

一口サイズのじゃがいものホクホクとした舌触りと、塩気のあるアンチョビがお酒を進ませます

 

すっかり飲み干してしまったシャンパンの次はイタリアワインに変えてメインディッシュ!

やはりクリスマスにはチキン、ですね!笑

f:id:kyabakulife:20171229170920j:plain

こちらはチキンのロースト

サイズは200gのハーフサイズとやらにしてみました

固まりお肉がどん、と4つ皿に乗っていてそれを一口サイズに切り分けて食べます

ハーフサイズですが、お酒とつまみを食べているお腹には量が丁度良かったです

 

肉厚でジューシーなチキンはイタリアワインとも好相性

大分満腹になれました

 

クリスマスにはカジュアルレストランでディナーと言う素敵な時間を過ごしてみては?

f:id:kyabakulife:20171230045749j:plain

 

ピッツェリア クラウディア2 新宿三丁目

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/amp.gnavi.co.jp/r/n7rmwk010000/?usqp=mq331AQGCAEYASgB

 

 

料金(2人分)
6、7000円程

時間帯
平日:こちらはランチもやっています。昼時に来ましたが比較的スムーズに入れた印象
週末:夜に訪れました。結構混んでいましたが待ちはなく席に着くことはできました

 

花園神社〜酉の市に行ってきた〜

このブログは「新宿」の飲食店、飲食フェス・イベントをただただ紹介していくグルメ情報ブログです!

新宿区民や、新宿で飲食店お探しの際のご参考までに是非!


今回は新宿イベント情報!

花園神社で毎年恒例の「酉の市」に行ってきましたので紹介します!



新宿の花園神社では酉の日の前日を前夜祭とし、当日と2日間行なっています

f:id:kyabakulife:20171204050803j:plain


今年の酉の市は三の酉まで

f:id:kyabakulife:20180127010740j:plain


私は毎年伺っているのですが、相変わらず花園神社の酉の市は混んでいました

f:id:kyabakulife:20180127010627j:plain

新宿の花園神社は新宿区役所の交差点からマルイメンズの交差点まで露店が出ているので、境内に入らなくても祭りの雰囲気が味わえます


買う予定もないのに、色々な屋台があるから目移りしちゃいます

ついつい覗き込む

f:id:kyabakulife:20180127010439j:plain

ズラリと並んだお好み焼きは圧巻

いい匂いがしてきて美味しそう


境内では熊手を売っています

f:id:kyabakulife:20180127010944j:plain

沢山の飾り付けが熊手に施され、見ているだけでも綺麗ですよね


f:id:kyabakulife:20171204050356j:plain


熊手を買われた方には、三三七拍子をします

周りの通行人も巻き込んで、みんなで三三七拍子をしている様子

f:id:kyabakulife:20180127011611j:plain


そろそろお腹が空いてきたし、お酒も飲みたい!笑

と言う事で屋台を探し始めます

f:id:kyabakulife:20171204050119j:plain


屋台だけでなく飲食スペースもあり、座りながら屋台グルメを食べられ、お酒も飲めます

f:id:kyabakulife:20171204050002j:plain

と言う事で境内中程にあった飲食スペースに座り、早速いきますか!

目の前では恰幅の良いおっちゃんがひたすら焼き鳥を焼いていました


席に座り、ビールと私は「灘の甘酒」を頼みます

酉の市と言ったら甘酒ですよね!

f:id:kyabakulife:20171204045918j:plain


温かい甘酒が届き、かじかんだ手を先ずは温めてからアルミの蓋を開封

f:id:kyabakulife:20171204045844j:plain


頂きます!

f:id:kyabakulife:20171204043517j:plain

うーん!

香りがいい匂い!美味しい!

暖かい甘酒が冷えた身体と五臓六腑に染み渡る


山形名物、玉こんにゃく

f:id:kyabakulife:20171204043425j:plain

寒い日に暖かいおでんって幸せですよね!


牛スジ煮込み

f:id:kyabakulife:20171204043255j:plain

トロトロに煮込まれた牛スジと、糸こんにゃくとネギだけのシンプル具材ですが、暖かい汁に牛スジの油が溶け込んで牛スジの旨味が染み出しています

シャキシャキのネギと、糸こんにゃくのバランスが丁度いい


目の前にでかい鍋がどーん!っとあったので、何かと思っていたら、さっきの牛スジ煮込みが入った鍋でした

f:id:kyabakulife:20180127015829j:plain

すごい、こんなに準備されているんですね!


f:id:kyabakulife:20180127014345j:plain

たっぷり酉の市を堪能させて頂きました!


前夜祭、本祭と、新宿酉の市は深夜の2時くらいまでは露店が出ているそうなので、夜遅くまでお祭りが楽しめますね


また来年も行くぞお!

cheese stock〜話題のダッカルビを求めて〜

このブログは「新宿」の飲食店、飲食フェス・イベントをただただ紹介していくグルメ情報ブログです!

新宿区民や、新宿で飲食店お探しの際のご参考までに是非!



f:id:kyabakulife:20171022151704j:plain


今回はこちら、現在プレオープン中のcheese stock さんにお邪魔してみました!

f:id:kyabakulife:20171022151748j:plain

東口を出て右へ

紀伊国屋さんの並びのスーツのAokiさんが一階に入っています店舗の三階になります


なんでもcheese stockさんではチーズ料理メインで殆どの料理にチーズが使われております


まずは前菜にトマトとモッツァレラチーズのカプレーゼ

f:id:kyabakulife:20171022151842j:plain 


次に桜肉のアヒージョ

f:id:kyabakulife:20171022151941j:plain

桜肉とは馬肉の別称で、チーズやオイルとも合い美味しかったです



そして今回の一番楽しみにしていたメイン料理、チーズダッカルビの登場です!!

こちらのお店ではトマトソース味の鶏肉とチーズのイタリアン風ダッカルビでした


周りには温野菜、アンチョビとオリーブのオイル、ハーブのオイル、ピリ辛のトマトソースがあり、好みで味を変えたり足したり出来そうです


さあ、テーブルでコンロに火をかけて、グツグツと仕上げに煮ていきます


だんだんとチーズがとろけてきましたよ!

f:id:kyabakulife:20171022152818j:plain

フォークで持ち上げると、おおー、伸びてきた!


まずは鶏肉とトマトソースを合わせてシンプルに頂きますよ

f:id:kyabakulife:20171022153023j:plain

チーズが伸びる!

f:id:kyabakulife:20171022153103j:plain


f:id:kyabakulife:20171022153240j:plain

たっぷりのチーズとトマトソース味は間違いない組み合わせ!

合います!美味しいです!


付け合わせの野菜にもディップしてみます

f:id:kyabakulife:20171022153330j:plain

これも美味しいですね!

トマトソースとチーズに野菜を絡めてチーズフォンデュみたいな感じで、また違った食べ方で飽きないですよ


オリーブオイルとハーブのオイルも合わせるとより一層イタリアンな風味に

また、バケットを追加してオイルだけに付けて食べたり、トマトソースとチーズを乗せても美味しいです


ピリ辛のトマトソースはアラビアータ風味と言う感じですね

少し私には辛めでしたが、ダッカルビな雰囲気は出ています


これは白ワインがぐいぐい進む美味しさでイタリアン風ダッカルビを存分に堪能させて頂きました!


cheese stock 新宿店

https://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13213295/



料金(2人分)

8500円程


時間帯

平日:訪問した事がない為差し控えます

週末:今回席だけ予約していきましたが、訪問時(18時半くらい)でも比較的空いていて、予約しなくても入れそうな雰囲気

20時以降混んで来そうな感じで、待ちが出来ていました

バンビ 〜昔からある懐かしの名店〜

このブログは「新宿」の飲食店、飲食フェス・イベントをただただ紹介していくグルメ情報ブログです!

新宿区民や、新宿で飲食店お探しの際のご参考までに是非!





今回は趣向を変えて、「私のお気に入りシリーズ」第一弾!


場所は新宿地下サブナード、レストラン街の1店舗であるバンビさん


何回も訪問しているのですが、私はこちらのお店の喫茶店のような雰囲気が好きで、店内に一歩足を踏み入れるとノスタルジックな空間が広がっていて、年季の入った机や椅子などほっと落ち着ける場所で、私のお気に入りのお店の一つです


普段は飲み物くらいしか頼まないのですが、今回はお腹が空いていたのでステーキ肉を頼んでみました!

f:id:kyabakulife:20171020103212j:plain

食べやすい厚さのステーキ肉は一口サイズに切り分けて頂きます

この小さな鉄板に乗って出てくる感じも、小学生くらいの時、両親と出かけたファミレスで食べたチープな鉄板焼きを思い出しますね

家族みんなで食べたそれは、やっすい料理だったけど、美味しかったな…


と言う思い出補正も加わり、こちらのお料理もなんだか懐かしく、美味しいお味でした



バンビ 新宿サブナードレストラン街

https://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13012125/


○料金(2人分)

2000円未満

○時間帯

平日:夕方、ランチ時は混んでいますが、それ以外の時間なら仕事出来るくらいの余裕はあります

週末:若干週末の方が平日よりは比較的混んでいる印象